2006年03月26日

ゆりかもめ延伸開業前日レポ

 いよいよ、開業を明日に控えたゆりかもめの有明〜豊洲間。明日は早く家を出て、出勤前に開業区間をさっそく乗り潰してくるつもりですが、今日は待ちきれないので沿線を自転車でたどってみました。

ゆりかもめ豊洲駅

 豊洲駅の西側です。今日はもうひっきりなしに試運転が行われており、駅の案内放送もずっと流れていました。有楽町線の豊洲駅に接続しているので、開業後は私の家から大江戸温泉物語に行くのが非常に便利になります。これまでは電車で行くと二度も乗換が必要だったので、4人いたらタクシーのほうが安いような有様でした。これからは、電車で行けます。

新豊洲駅

 豊洲の隣駅の、新豊洲駅です。駅前に東京電力の「テプコ豊洲ビル」という、スネアドラムみたいなカタチをしたビルがありますが、それ以外は何もありません。豊洲駅からもわずか数百メートルなので、わざわざ豊洲からこの駅まで乗る人はいないでしょう。あまり利用客は多くないと思います。

市場前駅

 2つ目の、市場前駅です。市場前という名前ですが、肝心の東京中央卸売市場豊洲市場はまだ影も形もなく、周りには更地しかありません。築地から市場が移転してくるのは2012年ごろなので、それまで利用客はほぼ皆無でしょう。でもそんな駅にも、将来を見越して地上へ下りるエレベーターは2カ所も設けられています。使い始めるころまでに、錆びつかなきゃいいんですが…。

有明テニスの森駅

 3つ目の、有明テニスの森駅です。その名の通り、有明テニスの森公園の最寄り駅で、他に有明コロシアムも近いです。従来の有明駅よりもこれらの施設には近いので、3つの新駅の中では最も利用客が見込めるでしょう。


 ゆりかもめの新橋〜有明間が開業したのは平成7年11月1日のことなので、もう既に10年半の年月が流れました。今回はわずか2.8キロの延長ですが、ずいぶんと時間がかかったものです。この先ゆりかもめは、晴海・勝どき方面への延長も計画されていますが、果たして実現するかどうかは未知数です。また10年くらいかかるかもしれません。

 でも、今回の延伸で豊洲がさらなる大発展を遂げるのだけは確実です。秋には石川島播磨重工業の跡地に、大規模商業施設の「アーバンドック ららぽーと豊洲」がオープンしますが、すでにシネコンのユナイテッドシネマや、東急ハンズ、紀伊國屋書店の入居などが決まっており、私はとても楽しみにしています。シネコンは他にも109シネマズ木場やシネマメディアージュやAMCイクスピアリ16などが周囲にありますが、ハンズと大書店はなかったので、実に嬉しいです。あとは、TSUTAYAさえできてくれれば100点満点なんですがね。

 さて、では明日は張り切って初乗車してきます。今日は早く寝ようっと。
posted by atsu at 21:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 駅ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

豊洲市場に関する情報
Excerpt: 豊洲市場の平面図です。ゆりかもめ駅をはさんで左側(海側)は水産卸売場、右手(豊洲側)に青果卸売場があります。 水産卸売場の屋上と言う意味なのでしょうか、屋上緑化計画(例の東京都の方針)がされてい..
Weblog: norikoの豊洲リサーチ
Tracked: 2006-05-23 14:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。